以前のブログ

2024年7月23日火曜日

よのなか先生紹介 岡本朋宏さん

 今日は、日向市建設部市街地整備課の岡本さんを紹介します。


岡本さんは、民間の建設関係のお仕事をされていましたが、地元宮崎で働くことを

決意し、日向市役所に入庁された方です。

彼は、入庁後に日向市駅周辺地区のまちづくりに関わります。

日向市駅は、今や日向市の自慢のアイコン

駅だけでなく、周辺の景観も含めて、まち自体がデザインされ

今も色褪せない魅力に、全国各地からの視察が後を絶ちません。


市役所は、「市民のお役に立つ所」ですが、

市職員として多くの市民を巻き込み、様々なニーズを取り入れての

まちづくりの話は熱を帯びたものでした。

岡本さんの話を聞いていると、市役所職員の心意気が伝わってきました。

そして、未来の日向市のために動いた多くの市民の方々の心意気も。


さて、この日向市駅を中心とした「まち作り」事業のおかげで

駅周辺のイベント実施数は33倍、集客は34倍

空き店舗率は9パーセント減

の実績が上がっています。


「市民のお役に立つ所」の職員の話

こういった数字で示されると納得です。

今回のお話でも、学ぶにしても働くにしても

「何のために」が大切だと、生徒たちは感じてくれたようです。


生徒たちの感想の中に

「誰かの役に立つような人間になる」

とありました。


がんばれ

日向の子供たち


今回の話はここで終わります。

次回をお楽しみに。

前回の宮崎銀行 森さんのお話はこちら














2024年7月22日月曜日

よのなか先生紹介 森 秀樹さん

 今日は、宮崎銀行日向支店の 森 秀樹 次長を紹介します。



銀行は大人にとっては、身近なものですが、小中学生にとっては

名前は知っているけれど、実際何をしているのだろうと思う仕事の一つです。


そこで、森さんは、生徒が興味を示すよう、様々な仕掛けを準備してくれました。

まずは、宮崎銀行の公式キャラクターの名前クイズ

正解は、ユミニくんアイニちゃん

テレビのCMで流れる「夢に会いに行こう♬」は

生徒にも馴染みがあって、納得です。


続いて、銀行口座の作り方クイズ

窓口に行く必要があるか?

正解は必要なし

便利なアプリが紹介されます。


続いて2問ほどのクイズの後、銀行の役割を教えてくださいました。

自分のお金を家で管理するのは、火事は怖いし泥棒も怖い→預金

レストランを開業するのに資金が足りない→融資

電気代や水道代を直接払いに行くのは面倒→為替

といった具合に銀行の役割を生活場面を想定しながら話が進みます。


義務教育は、中学校まで

しかし、銀行の口座の作り方も役割も習わない中で

社会に出る力はついたとは言えませんよね


やっぱり

よのなか先生が必要です。


それにしても

森さんの話の進め方はうまかった。

将来の口座開設者が増えたかもしれません。


今回のお話はここまでにします。

次回をお楽しみに。


次回の日向市役所岡本さんのお話はこちらから

https://careerhyuga.blogspot.com/2024/07/blog-post_23.html 

前回の自衛隊元トップガン 川崎さんの話はこちらから

https://careerhyuga.blogspot.com/2024/07/blog-post_21.html




2024年7月21日日曜日

よのなか先生紹介 川崎達裕さん

 今日のよのなか先生紹介は、自衛隊宮崎地方協力本部の川崎達裕さんです。


軽妙な語り口で、生徒の心を鷲掴みにした元トップガン

まず、話の始まりが面白い。

「あなたは何のために生きていますか?」

「あなたの大切な人は誰ですか?」

「何のために、この学校に通っていますか?」

自衛隊に入ってくださいという話ではありません。

生きる目標を見つけるきっかけ作りによのなか教室を位置付けてくださいました。

(そこから自演隊を目指すのは多くの選択肢の一つ)


話は、自身の物語から始まります。

高校卒業の時に航空学生試験に失敗し、大学に入学されて1年後に決断。

物理や情報処理の勉強をしていた川崎さんは

自分の価値を見いだせなくなり、航空学生試験に再チャレンジをしたのです。

結果は見事合格

「何のために生きる」がはっきりしない毎日に終止符が打たれました。

川崎さんにとって、「何のために生きる」の答えは

大切な家族や仲間や国を守るためだったからで、その方法にたどり着いたのです。


F15に搭乗し、領空を守るために他国の戦闘機と対峙する経験

地球と宇宙のはざまの上空15000mの世界の経験

大切な仲間との助け合いの経験

どこかを攻めるというのでなく、愛する国を守るという自覚


どのエピソードにも

自分らしく生きる川崎さんの生き様の尊さが伝わってきました。


そこで、思い出したのは有名な西洋の昔話

大きな建設現場でとてつもなく大きな石を運んでいる石工の話です。

旅人は3人の石工に話しかけます。

疲れた顔をしている1人目の石工に

「そんなに疲れて切っていて、休みたいだろうに、なぜ石を運んでいるの?」

石工は答えます。

「親方にやれと言われていることをやらないと叱られるんだ」

次に、汗をぬぐって頑張っている2人目の石工に同じように尋ねると

「家族のために稼がないといけないから、やりたくなくても頑張るんだ。」

最後に生き生きと石を運んでいる石工にも尋ねると

「あの丘の上に、誰もが驚くような立派な城を作るんだ。これから

何百年もこの地のシンボルになるはずだよ。完成が楽しみなんだよ」

これは、「何のために」で人のモチベーションが変わることを表した昔話。


はっきりとした目標が持てないまま学校に行っている生徒にとって

「何のために学校に行っているのか」

「何のために勉強をしているのか」

を考える良いきっかけになりました。

「何のために」がはっきりしない中での、学生生活はやらされ感が増して

受け身になりがちですから


今回はここまでにします。

次回をお楽しみに。


次回の宮崎銀行日向支店 森 次長の話はこちらから

https://careerhyuga.blogspot.com/2024/07/blog-post_35.html

前回のISEC 黒木さんのお話はこちらから

https://careerhyuga.blogspot.com/2024/07/blog-post_17.html








2024年7月17日水曜日

よのなか先生紹介 黒木基広さん

今日は、(有)アイセック 部長の黒木基広さんを紹介します。



アイセックは、日向市で住宅の設計・施工、リフォームなど

丁寧で創意性あふれる仕事で評判の会社です。

なにしろ、ISEC(アイセック)とは、

I Intellectual  知的

S Space    空間

E Environment 環境

C Creation   創造

のコンセプトの会社ですから、黒木さんの話も魅力的でした。


さて、黒木さん

高校時代はラグビーに若いエネルギーをぶつけます。

残念ながら花園の切符だけは逃したものの、

県内のほとんどの大会で栄冠を勝ち取りました。

キャプテンとしてチームを引っ張ったリーダーでもあったようです。


建築業の今の仕事から考えると大学は工学部系かと思いきや

進んだのは工学部ではなく、法学部

卒業後は、設計部門ではなく、住宅メーカーに就職されます。

住宅メーカーの営業ですから、扱う物件の価格は億の世界

学生時代とは比べ物にならない社会の厳しさやプレッシャーを経験し

最後に選んだ道は建築のお仕事でした。

(今や建築士や宅地建物取引士等の資格も持っておられます)


今の仕事にストレートに進んだのではなく、紆余曲折が人生に色を付けています。


今の仕事で大切にしていることとして

「壊れない建物を作る」ことを「3匹の子豚」の建物の話を例に出しながら、

分かりやすくお話しされました。


仕事をして嬉しいのは

まちを作れる

そこで暮らす人の物語を一緒に作れる

ことだそうで、自分も早く大人になりたいと思えてきます。


最後に

「よのなかの仕事はすべて、世の中をよくするために存在します。」

「建築士は安全でおしゃれで楽しい建物を作ることでよのなかを良くしています。」

「みなさんも自分が思うような世の中になるための仕事選びをしてください。」

とまとめてくださいました。


「よのなかを良くするために」の考え方で仕事をすると

ネガティブな気持ちが消えて、ワクワクが押し寄せそうですね。


今回はここまでにします。

次回をお楽しみに。

次回の自衛隊元トップガン 川崎さんの話はこちらから

https://careerhyuga.blogspot.com/2024/07/blog-post_21.html

前回のアイデア漁業の高田さんの話はこちらから

https://careerhyuga.blogspot.com/2024/07/2_16.html






2024年7月16日火曜日

よのなか先生紹介 高田一人さん(2)

昨日に続き、高田さんのお話です。

宮崎県で底定置網は初めての漁法です。

いわゆるファーストペンギンで水産庁長官賞を受賞されています。

(ペンギンは高いところから海に飛び込むことを拒むが、一匹が飛び込むと

他のペンギンも意を決して次々に飛び込む つまり初めに飛び込んだペンギンの

価値が高いという例え)


しかし、彼の挑戦は、そこに留まっていません。

「ウニの畜養」

って聞いたことがありますか?


ウニと言えば高級食材ですが

海洋の豊かな藻場を荒らす邪魔者でもあります。

藻を食べつくしてしまうと、海はごろごろとした岩だらけ

本来、宮崎の海は、サンゴや藻が豊かな海だったのに、寂しい話です。

そのウニは地域によっては、お金を出して駆除されています。


高田さんは、その邪魔者のウニに、廃棄野菜を与えて育てることに成功しました。

邪魔者のウニと捨てられる野菜を掛け算して価値ある食材を作るのです。

もちろん、細かなデータを取りながらの試みでしょうが、

さらに、驚かされたのは、その行動力


彼は、九州大学の栗田喜久准教授を訪ね、研究を進め、

地元の人たちに協力を求めて、邪魔者のウニを宝のウニに変えそうです。


自分一人ではできないところは、補ってくれる誰かとつながって

解決する姿がそこにあります。


人間、誰しも得意と不得意でできています。

中学生の勉強だってそう


豊かな人生にするために

いろんな人とつながっている高田さんの姿は

子ども達に人間関係作りの大切さを強く印象付けました。


キャリア教育の中で大切にしたい力で、人間関係形成能力があります。

しかし、こんな難しい言葉を使わなくても、つながる力の大切さを

その生き方で示してくださった高田さんに感謝です。


今回は、ここまでにします。

次回をお楽しみに。

次回のISEC 黒木さんのお話はこちらから

https://careerhyuga.blogspot.com/2024/07/blog-post_17.html

前回の高田さんのお話はこちらから

https://careerhyuga.blogspot.com/2024/07/blog-post_15.html

2024年7月15日月曜日

よのなか先生紹介 高田一人さん(1)

 今日から、数回にわたって現在活躍中の「よのなか先生」を紹介します。

まずは、7月11日大王谷学園、12日富島中学校に登場していただいた高田一人さんです。



高田さんは、地元、日向市の細島の漁業をされています。

しかも、県内初の底定置網漁法で高単価、時間効率の良い働き方を実現されています。

漁師と言ったら、港を出たら数か月帰ってこないとか、嵐の海で命を危うくする

などとネガティブなイメージを抱く人もいると思います。

しかし、高田さんの漁法は、底定置網まで毎日通い、操業時間も短い方法です。

しかも、定置網は、回遊している魚を根こそぎ捕るのではなく2割程度しか捕れないし、

網目を大きくすれば小さな魚を逃がすことができるそうです。

つまり、サステナブルな漁法の一つです。

さらに感心させられたのは、高田さんは海の様子を水中ドローンを操作し確認し、

捕れた魚の量だけではなく、水温、天候他、諸条件をデータ化しています。

つまり、漁獲を運や言い伝えなどに頼るのではなく、情報分析で管理しているのです。


さて、高田さんは、学校卒業後の仕事として最初から漁業を選んだのではありません。

大学を卒業して、

システムエンジニアとして大手銀行のシステム統合に精を出した20代

そこから一転、サービス接客業の経営を任された数年

その後、最終的には地元に帰ると決めていた彼は、漁業を選んだのです。

親の跡を継ぐ漁業ではありません。

地元の産業を見極めての選択でした。


では、すぐに底定置網を経営したかというとそうでもありません。

数年間、地元の大型定置網で漁を行う乗組員として経験を積んでの独立です。

つまりしっかりとしたインプットの時間があり、そこでの課題意識を

次のステップに生かしているのです。

やらされる仕事ではなく、自分だったらという

「当事者意識」が次のステージに引き上げたのでしょう。


そこで見えるのは、誰かに強制されて学んでいる姿ではなく

自分の課題を解決するために学び続けている姿でした。


学校の勉強は、どうしてもやらされ感が大きいですが

社会に出ても学び続けている姿に生徒たちが何かを感じてくれたらと

思ったところです。


続きのお話はこちらから

https://careerhyuga.blogspot.com/2024/07/2_16.html


2024年7月12日金曜日

よのなか教室紹介

 7月11日(木)は、大王谷学園中等部7年生を対象にした「よのなか教室」

でした。

今回のよのなか教室は、これまでのやり方から進め方を大きく変えました。

これまでは、よのなか先生に自由なお任せの形が多かったのですが、

今回は大王谷の先生方がよのなか先生の話を引き出す役を引き受けてくれました。

イメージとしては、「徹子の部屋」

よのなか先生は、まな板の上のコイ

話の興味深さや広がりは、引き出す側の腕にもかかってきます。


結果は

やっぱり、先生方は、大したものです。

引き出す方法は、先生の個性によって異なるものの

先生のナビゲートで、よのなか先生の話が展開されました。


今回のよのなか先生は

宮崎銀行日向支店  森 秀樹 次長

日向市建設部市街地整備課  岡本 朋宏 係長

高田屋 代表 高田 一人 (漁業)さん

(有)アイセック 部長 黒木 基広 さん

自衛隊宮崎地方協力本部 広報 川﨑 達裕 さん

の5人でした。


どの話も魅力的

次回から、そのお話を紹介しますね。





よのなか先生紹介 岡本朋宏さん

 今日は、日向市建設部市街地整備課の岡本さんを紹介します。 岡本さんは、民間の建設関係のお仕事をされていましたが、地元宮崎で働くことを 決意し、日向市役所に入庁された方です。 彼は、入庁後に日向市駅周辺地区のまちづくりに関わります。 日向市駅は、今や日向市の自慢のアイコン 駅だけ...